Just another WordPress site

プロが行う

一般社団法人を設立する手続きをプロの方に行ってもらう

一般社団法人の設立の手続きを何も知識等が無い人が行うとなると、とても時間や労力がかかってしまいます。また完了したとしてもミスなどがある可能性もあります。そこで短期間でかつ確実に設立の手続きを完了させるためにはどうしたらいいのでしょうか?

一般社団法人とは会社を法人化するシステムであり、この法人化によって取引等が行いやすくなる、信用が生まれるなどと様々なメリットなどが生まれます。基本的に一般社団法人を設立の手続きを行う手順は、まず定款というものを作成します。これは、法人の名称、住所、経営目的などの基本的な情報や意思決定、組織形態などと必要な事項を定めたものとなります。

そして、その定款を作成し終えたらその作成した内容が合っているかなどを確認するための認証手続きを行います。この認証が通ったら次に、役員や代表理事を選任します。ここまでの手続きが終わって初めて完了したことになります。そして完了したら一般社団法人設立登記申請を行い終了となります。一見簡単そうに見えますが、初めての人にはこれがとても大変な作業になります。

定款を作成するためには必要事項を記入するだけではなく用意するものとして代表実印の印鑑証明証などを発行してもらわなければなりません。他には、手続きに必要な書類等を自分で用意しなければなりません。それだけでも時間と労力を要します。さらに認証されるのにもとても時間がかかります。

手続きの内容を完璧に熟知していてスムーズに進んでいる人であれば3、4か月で終わりますが少しでもミスをしてしまったりするとあっという間に半年、最悪の場合1年や2年とかかってしまいます。そして設立の際に最も重要な事は事前に役員や代表理事を決めておくことです。手続きを始めてから探していたのでは間に合いません。

これは熟知している人が行う場合にもあてはまります。手続きに時間や労力がかかってしまっては、他の事に手が出なくなってしまいます。そういったときに役立つのが税理士事務所です。こういったところでは手続きの全ての工程を税理士が行ってくれます。ですので自分の時間や労力を使う必要がありません。もちろん必要な情報は税理士に伝えておく必要がありますが、伝え終えれば終わりです。さらに税理士の方々はプロですのでミスはありませんし何よりスムーズに進みますので短期間で終えることができ安心できます。

まとめとして、一般社団法人の設立を行う際は税理士事務所に依頼することをお薦めします。税理士の方々はプロとして動いていますのでミスはあり得ませんし短期間で設立が可能な状態にまでしてくれます。ですがここで注意点があり税理士事務所が代行してくれている間、内容の確認などで何度かは連絡が来る可能性もありますので対応はいつでもできるようにしておいてください。